2007年1月31日

製品版では「音が出ます」〜Vista対応状況を更新

 予約しておいたVistaがきちんと発売当日に到着したので、一通り確認してみました。

 RC1において、「発車ベルスイッチ」で「DirectMusicが初期化できません」のエラーが出て音が出ない問題が起きていましたが、製品版で試してみたところ何の問題もなくサウンドが再生できました。どうやらRC1固有の問題もしくはドライバの問題だったようです。

※サウンドデバイスのドライバは、RC1でも製品版でも、Vistaのインストール時に自動でインストールされたものを使っています。RC1では、Media Playerの音は出るのに、「発車ベルスイッチ」の音は出ない、DirectX8.0SDKに添付のデモを動かしてみても同じエラーが出て音が出ないという状況でした。深追いせず製品版を待っていて正解でした…。

 タスクトレイから音量調節の画面を出すと、何とアプリケーションごとに音量バーが表示されていました。ただ、全体の設定音量より大きな音は出ないらしく、特定のアプリケーションの音量だけを小さめにする、といったことができるようです。

続きを読む
posted by tht at 00:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | tht-software 新着情報

2007年1月30日

tht-softwareが[勝手に]おすすめする Windows Vista™

 Microsoftの新しいOS、「Windows Vista」が発売されました。

 が…。私はAmazonで予約していたのですが、「入荷の遅れ」で発送が31日以降になるとか。(せっかく「お急ぎ便」のオプションまでつけたのに…。昨日まで配送予定日が「29日」だったのに……。極め付けに、キャンセルもできない………。)

 というわけで、製品版Vistaでの動作確認も遅れます。どうぞご容赦を。

続きを読む
posted by tht at 00:45 | コメント (0) | トラックバック (0) | tht-software 新着情報

2007年1月30日

数えずに読みたい『バズ』〜「多様な消費者」と刮目して相対すべし

 インターネットは、クチコミの宝庫…もう少し消費者の尊厳を考慮した表現をするならば、草の根のコミュニティである。自分の声を他の人に伝えたいという、極めて素朴な感情から成り立っており、人々の「本音」が人々自身の労力によってデジタル化されている。膨大なメッセージの中には多種多様な考えが含まれている。

 従来型の企業は人々の声を分類したがる。効率を最優先するなら、分類の仕方はひとつしかない。「いい」か「わるい」か、だ。

・朝日新聞 be「ネット上の評判を分析 消費者の「本音」を集めて企業に」(2007年1月28日)
 http://www.be.asahi.com/be_s/20070128/20070110TKEZ0084A.html

続きを読む
posted by tht at 00:38 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2007年1月25日

民が作る『キャッシュレス社会』(3)〜「通貨」としての電子マネーと日銀

 いわば「第二の通貨」、現金の代わりになるほどの重要なサービスになってきた「電子マネー」。利用者は非常に高度な「安心」を求める。

・「貨幣論(05年度後期)講義の内容」
 http://www.econ.kobe-u.ac.jp/~fujita/kaheiron05.pdf

 「第一の通貨」ともいえる(普通はいわないが)日本銀行券は、建前上、人々や諸外国の政府が日銀を信用すること、つまり国への信用によって成り立っている。(実際には強制通用力があるので、信用しようとしまいと通用はする。政治・経済の不安定な国の通貨や戦時の貨幣を考えるとわかりやすい。)その日本銀行券そのものを電子化すること、つまり日銀が管理する電子マネーというのは実現できないか。

 日銀の研究所(日本銀行金融研究所)ではどんな議論がされているのか、ちょっとのぞいてみよう。

続きを読む
posted by tht at 21:28 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2007年1月25日

民が作る『キャッシュレス社会』(2)〜Edyが出遅れた理由

 先日掲載した記事「民が作る『キャッシュレス社会』〜法律はSuicaを追いかける」で触れた「Edyの不振ぶり」について補足しておきたい。

・Edyの利用状況(2005年4月/2006年8月/2006年11月)
 http://www.edy.jp/press/html/050407.html
 http://www.edy.jp/press/html/060809.html
 http://www.edy.jp/press/html/061127.html

・Suicaの利用状況(2006年6月)
 http://www.jreast.co.jp/youran/pdf/jre_youran_p55_58.pdf

 EdyとSuicaは、ともにソニーの「FeliCa」を使うICカードサービスとして、2001年11月にサービスが開始されている。

 電子マネーとしては当初のEdyくらいの普及速度か、あるいはもっと普及しないまま頓挫してしまうということすら考えられた。現在の爆発的な普及のきっかけは、何といってもSuicaである。Edyはストレートに電子マネーという看板を背負って登場したのに対し、Suicaは乗車券という「仮面」を被って登場した。Suicaで電子マネー機能が提供されるまでの約2年間は、より多くの人にICカードの仕組みや利用方法に慣れてもらうための準備期間だったわけである。

 現在の状況についてはさておき、サービス開始当初のEdyとSuicaを見比べることによって、電子マネーというものが人々にどのように認知され広まっていったのかを見ることができる。

続きを読む
posted by tht at 21:27 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2007年1月1日

Windows Vista対応状況

 改めて対応状況をまとめました。

【LED発車標】
 問題なし。

【えきばり】
 動作に問題なし。《07/1/2訂正→IE7から画像をドラッグ&ドロップすると実行時エラーが発生。》ウィンドウ枠が黒から灰色に変わる。

【時計シリーズ】
 時刻合わせには管理者権限での起動が必要。その他の動作に問題なし。

【充電+第一】
 動作に問題なし。ただしバッテリ情報の表示は未確認。

【発車ベルスイッチ】
 起動するが音が出ない。

【共通】
・ランタイム、インストール、アンインストールに問題なし。
・x64(64ビット版)では、インストール先が「Program Files (x86)」になる。
・「AeroGlass」は枠のあるウィンドウにのみ適用される。
・タスクバー上でのプレビュー表示や「フリップ」は適用されない。
・「フリップ3D」は適用されない。

ts_on_vista2_01.png
■画面1 「フリップ3D」

続きを読む
posted by tht at 16:57 | コメント (0) | トラックバック (0) | tht-software 新着情報

2007年1月1日

あけまして2007

 おめでとうございます。

 ブログ全体の記事数がパッと見てわからないので不便なのですが、数えてみましたら昨年は1年間で64件の記事を書いていました。

 というわけで、64ビットです。

 ようやくPCを新調でき、VistaRC1のx64版を試用中です。64ビットのアプリケーションも持ち合わせていない状況では、わざわざx64版を使うことに何のメリットもないのですが、いざ必要になったときには動きますよという確証が得られているのといないのとでは、だいぶ心持ちが変わってきます。

 何かトラブルが起きてもしかたがないという覚悟でVistaにVB6.0をインストールしたところ、何の問題もなくあっさり動いてしまいました。さすが、だてに発売延期を繰り返していたわけではなく、巷で言われているようにマイクロソフトは互換性の確保に対して並々ならぬ労力を注ぎ込んでいるようです。

 そのおかげで、もうしばらくVB6.0で行けそうだと安堵しているところです。ランタイムも標準添付され、起動も早くて動作も軽く、画面が少し古めかしくなってしまうほかは、これといって問題がありません。(※既報の通り、サウンド関連は不調ですが。)

 2007年中にはVBの最新バージョン(「VB9」に相当)がリリースされるようです。新しいものに移行するときには、以前のものと新しいものとが同時にきちんと動かなくてはなりません。OSをVistaにしてもVB6.0が動くという状況があってこそ、VB6.0からVB9へスムーズに移行できるわけです。

 今年はいろいろと大きくバージョンアップする年になりそうです。

 昨年は、tht-softwareで「えきばり」と「充電+第一」をリリースすることができました。他方、ウェブの更新が滞ってしまいました。また、新しく始めようと思っていたサイトについても計画しただけで手付かずのままです。

 「ATOS, The Future」は、解説を充実した読み応えのあるサイトにしようと考えています。実用性もゼロ、娯楽性もゼロ、ただひたすらに「IT時代の一般教養」のようなテイストで行こうと思っています。新書ブームのおかげで、そういうものを受け入れてもらえる下地は整ってきたような気がしています。

 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
posted by tht at 16:49 | コメント (0) | トラックバック (0) | お知らせ