2015年2月14日

消せない「いわく」を上書きする方法

 港区の新築高級マンションで施工ミスがあり、引渡し前に解体、建て替えられるという。とてつもないムダである。

続きを読む
posted by tht at 06:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2015年2月12日

キッチンカー、その魅惑を超えて〜調理師のポストスクール

 路上の弁当屋が増えている。キッチンカーと呼んでしゃれてみても、要は行商、露店の類である。ガード下で魚や野菜やアクセサリやチケットを買わない人までが、キッチンカーとなれば喜んで行列するのである。みなさんが常々、口々におっしゃる「安全・安心」はどこへいったのだろうか。

いま高らかに鳴り響くグゥーの音とともにSuicaを握りしめてオフィスを飛び出しながら続きを読む
posted by tht at 12:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2015年2月10日

「毒」のあるはなし

 ノロウィルスが猛威をふるっている。絶えず様々な細菌やウィルスが出てきては、食中毒の渦を残していく。彼らもまた生きているのである。人間にとっては禍々しい災禍であっても、彼らにとっては進化の軌跡、まさにめくるめく渦の一つでしかない。静かに通り過ぎるのを待つほかない。すなわち、徹底的な手洗いとうがいでの予防、発生後の封じ込め、徹底的な消毒ということに尽きる。細菌やウィルスそのものに抗おうとすれば、新たな耐性種を生むだけである。

手を消毒したので続きを読む
posted by tht at 12:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2015年2月7日

こども運賃では乗れないオトナのウィキペディア

 8年前のブログ記事に後日談を書けるとは、なんともうれしい話である。

続きを読む
posted by tht at 06:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2015年2月5日

みなさま、列車がまいります
   いま問う「謙譲語2(丁重語)」のココロ            

 言語は論理的に成り立っている。「気持ち」という曖昧な要素を持ち込むとおかしくなる。

・文化庁「敬語の指針」(2007年2月2日)
 http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/pdf/keigo_tousin.pdf

 謙譲語を「謙譲語1」と「謙譲語2」に分けようというのは、「伺う」と「参る」、「申し上げる」と「申す」の使い分けができない人が多いからだ。しかし、これは現状追認を前提とした屁理屈にしか見えない。わかりやすくしようとして、かえってわかりにくくしてしまっているというのが率直な印象である。

続きを読む
posted by tht at 06:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ

2015年2月3日

「恵方巻」の対象年齢

 ユーモアは大切だと、ワタクシ、30年、しかし近年のユーモアには疑問符もつく。レシピ投稿サイトに、ありえないレシピを投稿する人がいるそうな。大人が見れば一目で「ありえない」と判別できるものの、子どもにはそれができない。フィルタリングサービスにレシピ投稿サイトも入れておかないと、子どもがとんでもない料理を作ってしまいかねない。ブラックユーモアは非常に場を選ぶ。対象年齢の設定が重要だ。情報空間のグローバルデフォルトは「全年齢対象」であってほしいのに、世の中オトナすぎる。

・技術評論社 Perl Hackers Hub「第7回 新人さんのための仕事で使えるPerl基礎知識(2)」(2011年6月2日)
 http://gihyo.jp/dev/serial/01/perl-hackers-hub/000702

・任天堂「CEROレーティングマークについて」
 http://www.nintendo.co.jp/support/cero/

手を図のようにし、親指をこめかみにあてて、下におろし(うんざりしたような顔でやるとGOOD!!)両手のひらを下に向けて、図のように手をあげて続きを読む
posted by tht at 12:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | ながめよみのすすめ