2007年1月31日

製品版では「音が出ます」〜Vista対応状況を更新

 予約しておいたVistaがきちんと発売当日に到着したので、一通り確認してみました。

 RC1において、「発車ベルスイッチ」で「DirectMusicが初期化できません」のエラーが出て音が出ない問題が起きていましたが、製品版で試してみたところ何の問題もなくサウンドが再生できました。どうやらRC1固有の問題もしくはドライバの問題だったようです。

※サウンドデバイスのドライバは、RC1でも製品版でも、Vistaのインストール時に自動でインストールされたものを使っています。RC1では、Media Playerの音は出るのに、「発車ベルスイッチ」の音は出ない、DirectX8.0SDKに添付のデモを動かしてみても同じエラーが出て音が出ないという状況でした。深追いせず製品版を待っていて正解でした…。

 タスクトレイから音量調節の画面を出すと、何とアプリケーションごとに音量バーが表示されていました。ただ、全体の設定音量より大きな音は出ないらしく、特定のアプリケーションの音量だけを小さめにする、といったことができるようです。

 「えきばり」でIEからのドラッグ&ドロップができなかった問題は、UACが関係していました。製品版では、IEのウィンドウから画像を初めてドラッグ&ドロップした時に、UACによる警告画面が表示されます。一度「許可する」を選ぶと、その後は警告画面が出なくなります。

 見落としていた点もありました。インストーラは自動的に管理者権限で実行され、インストーラからプログラムを起動するときも管理者権限が適用されます。一方、スタートメニューやクイック起動バーからの起動では、通常の権限で実行されます。プログラムの挙動に差が出てしまい紛らわしいので、各ソフトウェアとも次回以降のバージョンアップ時に「すぐに ○○ を起動する」のオプションをなくすことにします。

 「充電+第一」は未確認です。バッテリのないデスクトップPCでの動作で、「不明」ではなく「バッテリなし」という情報がきちんと取得できています。ノートPCでも問題なく動きそうですが、対応OSとして明記するのは実際に確認してからにします。

 今回、対応OSのリストにVistaを追加すると同時に、95/98/NT4.0を省きました。9x系に対応しているかどうかは、Me対応の記載の有無で見分けてください。
posted by tht at 00:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | tht-software 新着情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3200577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。